ハウスクリーニングの独立開業を成功させる|成功のために役立つ情報

女性

商店主の強い味方

レジを操作する女性

売上データを瞬時に収録

現在、小売業やサービス業などさまざまな業態において必須の売上管理システムと言われているのが、POSです。POSはPoint Of Salesの略で、日本語では販売時点情報管理と呼ばれています。簡単に言えば、商品やサービスの売上を営業時間終了後等にまとめて記録するのではなく、売上が発生したその都度記録するシステムです。POSシステムは従来はスーパーマーケットなどの大型チェーン向けのもので、小規模な個人商店等では導入してもそれほどメリットがないとされてきました。しかし近年では、たとえ小さな店でも売上データを詳細に把握するよう常に注意しておかなければ、業績アップを望むのは困難になりつつあります。導入に要する費用も低下傾向にあり、規模の大小を問わずその必要性は高まってきています。

データ分析を将来に生かす

現行のPOSシステムはPOSレジと呼ばれる高度な情報処理能力を持った金銭登録機を中心として構成されています。売上が発生した場合、このPOSレジにバーコードやタッチパネルなどを利用して販売データを収録します。収録内容は商品の種類や単価、アイテム数などが中心ですが、オプションで購入者の性別や年齢層、その日の曜日や天候などを収録できるタイプもあります。こうしたデータの集積によって、どういう条件の下でどんな商品やサービスが売れやすいかといった分析が容易になるわけです。現在、小売店の決済方法は現金のみならずクレジットカードや電子マネーなど多様化が進んでいます。また今後はポイントサービスの普及も進むものと予想されています。小規模店がこうしたサービスを導入する際も、POSレジは非常に役立ちます。

Copyright© 2016 ハウスクリーニングの独立開業を成功させる|成功のために役立つ情報 All Rights Reserved.