何故増加傾向にあるのか

自転車事故の増加の原因として考えられるのは、2008年に改正された道路交通法によるものです。自動車だったら、後部座席に座る方のシートベルト着用義務が決定し、自転車は車道走行についての変化が伴っています。自転車は基本、左側走行を義務付けていますが法改正後には、道路が渋滞している場合のみ歩道を走ってもいいということになっています。そのため、自転車対歩行者の事故が多発し始めたのです。

自転車保険へ加入する必要性を知って対策に乗り出そう

説明

今も減らない交通違反

日常的にみられる自転車の交通マナー違反は、数知れずです。もっとも多いのは直進方向の左側ではなく、右側を逆走することでしょうか。また、自転車側が歩行者専用歩道にいる場合、降りずに走行する、一時標識を無視して走行する、赤信号を無視するなども日常的に行なわれています。

男女

自転車保険の必要性

自転車で相手に怪我をおわせた場合、あるいは衝突した時は自身が賠償責任を負うことになります。また、走行中相手の所有物を破損させた時も同様に支払い義務が発生します。過去、賠償金額が発生した事故では、最高9千万円の支払いが命じられました。事故の当事者家族の負担は計り知れず、お金を作るため家や車を売ることもあります。自転車保険は、こうした多額の賠償金額を補償するための重要なものといえます。それは、自動車も同じでしょう。自動車の場合は、任意保険や自賠責保険の加入が求められるため、より安心安全に走行しなければなりません。

相談

あると安心のオプション

自転車保険や自動車保険に加入すれば、賠償事故になった時の示談交渉を行なうサービスがついてきます。被保険者の方のためにあるので、万が一トラブルに見舞われても安心安全でしょう。話がなかなか進まないということもありません。

説明

保険の上手な選び方

自転車保険にも言えますが、自動車保険の場合年間の保険料が8万円近くになることもあります。ディーラーで車を購入した場合、全く必要ない保障をつけられることもあるため、知らずに無駄金を支払っている可能性大です。少しでも負担を減らすなら、口コミが多く寄せられている大手保険会社をみてみましょう。ロードサービスが大変充実しており、事故の時の対応が素晴らしかったなどの声を頂いています。まずは大手を比較してみて、加入を検討してもいいでしょう。

保険加入に関する相談

相談

日常生活賠償特約について教えてください

偶然に起きた事故で、他人を怪我させた場合に支払われるものです。保険金額は無制限で、自転車事故以外にも他人の所有物を壊した時も対象となります。

家族も補償されますか?

そういったプランも、保険会社で扱っているので相談をしてみましょう。家族構成に応じて、自由に選択できますよ。

自分の子供に保険をかけたいのですが・・・

お子様を被保険者に指定すれば、保護者が自転車保険に加入することができます。詳しくは保険会社へ問い合わせましょう。

日常生活補償はどこまで対応できますか?

賠償責任だけでなく、控訴費用も自転車保険で賄うことができます。ただ、商品によって額が異なることもあるため加入する前に必ず金額をチェックしてくださいね。

評判を見よう

自転車保険といっても、プランも多く選ぶのに一苦労です。内容を確認した上で今必要な保険に加入しましょう。

契約数が多い自転車保険の特徴

ファミリー
no.1

補償が充実した自転車保険

死亡、後遺障害があった場合に保証するものや入院保険、通院保険の支払うは自転車保険に任せてOKです。最も安いコースでは約300万円ほどのお金がおります。

no.2

プランの種類が豊富!

本人のみの契約から、配偶者、家族とプランの種類が多いのも特徴です。もっといいのが、家族型にすると保険料がグッと安くなることでしょう。こちらは口コミで助かったという声が相次いでいます。

no.3

アプリを配信している

自転車保険加入率が高い保険会社では、今後も自転車を安心安全に走行して頂くために、アプリを配信中です。自転車で走行中、スピードの出し過ぎを注意したり、自転車の交通マナーを教えてくれたりなどの機能満載です。さらには、盗難時の対応を丁寧にレクチャーしてくれるあたりも好感度高いです。

広告募集中